TAG

保育園・幼稚園で使える0歳児向けの製作あそびまとめ

0歳児といえばまずは保育園に慣れ、一人ひとりが気持ちよく過ごせるよう配慮しましょう。

製作遊びをすぐに見たい方はこちら。

0歳児の製作のねらい

  • 感覚器官を発達させながら、「見る」、「聞く」、「触れる」など、いろいろな遊びが楽しめるようにする。
  • 色や指先を使った遊びを行えるようにする。

0歳児の製作あそびの内容(健康・人間関係・環境・言語・表現)

  • 保育者の行動に興味を持ち、それを模倣しようとする。
  • 気持ちよく過ごせる安心できる環境下で、感覚の働きを豊かにさせる。
  • 保育者の働きかけによって、かんたんな言葉を発しようとする。
  • 指先や手を動かし、絵の具などの色の広がりを目でみたり、自分の欲求を指差しで表現したりする。

子どもの姿

  • 手形や足型などをとるときに保育者につけてもらう絵の具の感触を楽しむ。
  • 絵の具がついた手や指を口に持っていこうとする。
  • 絵の具がついた手を画用紙にこすり、不思議そうにしながらも繰り返す。
  • 保育者と一緒にクレヨンを握って紙になぐり描きをする。
  • 自分の番が終わっても何度も絵の具やクレヨンを使いたがる。
  • 自分でクレヨンを持ち紙になぐり描きをする。

援助・配慮

  • 製作ではゆったりと余裕をもっておこなえるように、環境や時間に配慮する。
  • 色あそびを行う場合、子どもが興味を持ちそうな明るい色を用意する。
  • 子どもが安心して取り組めるように、まず保育者がお手本を見せる。
  • 「きれいに色がでたね」「上手にできたね」など楽しく声掛けをおこなう。
  • クレヨンを使う場合、子どもが持ちやすい長さと太さのクレヨンを用意する。
  • 絵の具やクレヨンで汚れた手が子どもの口や身体などにつかないように気を付ける。
  • 自分一人で何でもしたい気持ちが生まれてくるので、気持ちを受け止めながら援助する。
  • 絵の具やクレヨンを使った製作をもっとやりたがる子どもには、その気持ちを受け止めて十分に満足感が考えられるよう、時間や教材にゆとりをもたせる

0歳児向けの製作遊び一覧です

0歳児向けの製作遊び一覧は、以下よりご覧いただけます。